皮膚科に相談


ニキビ跡は、皮膚科に行くことをお勧めします。
特に、おとなになってからの大人ニキビについては、
ニキビの段階から、市販のものではなく、
治療としてニキビを治すことを考えてみましょう。

だって、ニキビでしょ?病院や皮膚科はオーバーと考えがちですが、
これは皮膚病の一つと考えてください。

皮膚の炎症がニキビとなり、その治し方がうまくいかずに、
ニキビ跡ができてしまうのです。

ですから、治療をきちんと行うことは当たり前、
という事を念頭に、ニキビ跡ができない方法をとってください。
皮膚科、美容皮膚科などがありますが、もちろん美容皮膚科が理想です。

しかし全国にそれほど、美容を専門としているところはないですから、
ニキビ治療をしている皮膚科なら安心です。
皮膚科でのニキビ跡の治療は、凸凹していないものについては、
たいていケミカルピーリングを施します。

ケミカルピーリングなら、市販のものでもできるのですが、
医療機関のモノのほうが、確かです。
また、その方の肌に合うものを選んで行いますから、安心です。

その他、その医療機関によっての最新技術を使っての治療が期待でき、
時には内服薬の処方など、体の内側からのケアなど、
普通の方では出来ないニキビ跡改善方法があります。

ニキビ跡は、なんとかなると思うよりも、市販のものでなんとかするよりも、
最初に皮膚科にいき、相談をした方が、より早くニキビ跡を改善することができます。
ニキビは皮膚病、そう考えると、ニキビ跡もきちんとした治療が必要ということです。