生活習慣


ニキビ跡の改善と予防の基本は、
自分の力で治すことを努力することです。

間違ったスキンケアや洗顔も大きな原因となりますが、
何よりも自らの肌を強く丈夫にすることが大切になります。
いわゆる毎日の生活習慣から、ニキビ跡の改善を考えてみましょう。

生活習慣というと、朝おきてから夜寝るまでの時間で、
普段行なっていることになります。
その中で、ポイントとなるのは、食事と睡眠、運動でしょう。

それと、最もニキビ跡など肌に関係することとして、
ストレスが挙げられます。
まず、食事に関しては、動物性の脂肪を減らすことになります。

肉はダメ?ではなく、脂肪分が少ない部分を、
茹でたり、少しだけ食べるという工夫が必要です。
それよりはインスタント食品やスナック菓子、
ケーキなどの飲食を控えます。

ニキビが出来た時点で、野菜や果物をふんだんに食べることをお勧めします。

睡眠に関しては、寝ている間に肌が作られることになりますから、
しっかりと睡眠時間を確保しましょう。
目標は一日6時間、日付が変わる前に眠りにつきます。
実は、これが、肌周期には一番大切なことになります。

運動は、毎日行えればベストですが、とにかく体を動かすこと。
ダイエット目的ではないですから、そんなに躍起にならなくても良いのですが、
新陳代謝を良くする目的で、一日10分以上継続できる運動を何か始めてください。
こうした生活習慣の改善は、ニキビ跡を薄くすることに一役かいます。

そして、ストレスですが、回避できるよう趣味の時間をもつなど、
気持ちのよい時間の確保に努めてみてください。
ストレス解消の暴飲暴食だけはNGですよ。