色素沈着タイプ


ニキビ跡の中で、何となくシミになっている?ものもあります。
これは色素沈着をしているせいで、色は茶色や紫などが特徴です。
実はこの色の違いは、ニキビ跡の原因の違いです。
茶色のニキビ跡に関しては、シミ担っているとお考えください。

ニキビの炎症のときには、大量の活性酸素が悪さを起こし、
肌はそれから守るために、メラニンを作ります。

ある程度のメラニン量は、活性酸素から体を守るものとして必要なのですが、
大量になってしまうことで、シミを作ることになります。

まさに、茶色のニキビ跡は、このシミそのものです。
ニキビ跡がしみになってしまったと諦める前に、よくそのシミを観察してみてください。

まだ出来はじめの場合、薄い時には、ピーリングなどで、
対応ができますが、深く染みこんでしまったり、古いニキビ跡の場合は、消すのは難しいとされています。
皮膚科にご相談ください。

紫色のニキビ跡の正体は、血液の固まりです。
ニキビの炎症で、毛穴のあたりの毛細血管が破裂し、血液がにじみ出て、
それが固まった物が、紫色となって、肌に出現したのです。

この場合のニキビ跡は、赤みのあるニキビ跡と同じで、自然に治ります。
血管がうまく通ることで、血液の固まりがなくなるのです。
ただし、時間がかかります氏、下手に触らないことが肝心です。

肌周期が順調にいくように、規則正しい生活をすることで、改善されるのを待ちましょう。
茶色の色素沈着と比較をしても、軽症といえるニキビ跡です。