赤くなるタイプ


ニキビ跡には、いくつか種類があります。
赤くなるニキビ跡については、それが本当にニキビ跡なのか見分けがつかないことがあります。

なぜなら、ほかのニキビ跡のように凸凹していなくて、
平らになっていることが多いからです。

ニキビそのものは完全に治っているのに、
赤みだけが何となく残ってしまうため、見落とすことが多いとされています。
この、赤みの原因は、毛穴がうっ血していると考えられます。

ニキビは、アクネ菌と言われる最近が過剰に繁殖して、
毛穴が塞がれた状態で炎症を起こした状態です。

その時に、ニキビ本体は治ったとしても、うっ血部分が残ることになります。
しかし、この赤みは自然完治が可能ですが、時間がかかると思ってください。

自然治癒というのは、自分の肌周期と関係していて、
赤みのあるニキビ跡についても、肌周期によって、
キレイに自分で治すのを待つしかないということです。

ですから、一回28日の肌周期を数回繰り返すことで、
深みのニキビ跡も少しずつ治っていくとお考えください。

ですから、特別なこと考えなくても良いのですが、
肌周期を早くするために、肌に良い生活をする、食べ物に気をつけるのはもちろん、
睡眠不足をしない、ストレスをため内などの生活習慣も改善してみましょう。
ただし、気になるからといっても触ったり、刺激を与えることはやめましょう。

そのままにしておいて、体内カラの自然治癒力にお任せをすることが、
最善の方法言えます。
比較的心配のないニキビ跡です。